土日のカードローンの申込方法

2014年8月26日

お金が必要になったのが土日の場合は、通常よりも迅速な行動と判断が必要になります。

土日・祭日にカードローン審査をしていないケースも多く、している場合でも

平日よりも短い時間帯

としていることがほとんどだからです。

さらに、土日は、振込キャッシングができませんので、カードによる融資でないといけません。

自動契約機が用意されているサービスでないといけないのも、土日のカードローンのポイントになります。
■カードローンの土日の審査について

カードローン会社のホームページを確認すると分かりますが、土日の審査をする時間帯は、平日よりも短くなることが多くなります。

たとえば、消費者金融のプロミスや三菱東京UFJ銀行・バンクイックでは、

平日:9時~21時まで
土日:9時~17時まで

というように、平日よりも土日の方が審査時間が4時間も短くなります。

この時間帯を過ぎてから申込んでも、翌日以降の審査となりますので、即日融資が必要なときは、とくに注意するようにしてください。
■土日の振込キャッシングについて

平日と土日の大きな違いは、

振込ができるかどうか?

にあります。

平日の日中なら、金融機関の口座に振り込んでもらうこともできますが、土日は、カードを使ったキャッシングしかできません。

当日中のカード発行は、自動契約機でないとできませんので、銀行カードローンなら

・バンクイック
・レイク

のような、自動契約機があるサービスを選びましょう。
■土日は「収入証明なし」を選択!

土日がお休みなのは、金融機関だけではありません。

市役所や区役所などの窓口も閉まりますので、収入証明書類の用意が難しくなります。

消費者金融の融資では、50万円を超える希望のときに収入証明書類が必要になりますので、

50万円超の希望額のときは銀行カードローン

を選ぶようにします。

土日に審査が受けられ、自動契約機があり、さらに50万円超でも収入証明不要なのは、

・バンクイック
・新生銀行レイク

などになります。